月刊デリヘル新聞

赤い下着の女性

最新記事

鶯谷のデリヘルの特徴

都内屈指の熟女風俗エリア「鶯谷」についてお話したいと思います。鶯谷には熟女系風俗が数多く存在しています、殆どが店舗型ではなく「デリバリー型」の営業形態です…

デリヘル嬢との食事で萌える

私は15年以上に渡ってデリヘル遊びを行っています。 現在も欠かさず行っているデリヘル遊びは私にとって仕事のストレス解消、自分自身の性欲解消と共に、…

バイク通勤しているデリヘル嬢

私は現在、東京都の大塚と言う所にあるぽっちゃり系デリヘル店に在籍しながらデリヘル嬢として働いている女の子です。 私はぽっちゃりさん体型で…

デリヘルの楽しさや魅力

女性とプライベートなムードを大切にしながら遊びたい際や、自宅に女の子を呼び込みたい際に嬉しい業種といえばデリヘルが挙げられるでしょう。 デリヘルは…

無味乾燥なチェンジ、はどうかと思う

呼ぶか呼ばないか悩んだ後についに電話をして、期待に胸をふくらませて待っているところへやってきたデリヘル嬢が自分の好みではなかった、ということは、まあ、あることです。
そのとき単に、チェンジ、というのではいくらなんでもよくありません。もちろん二度と会うこともない相手かもしれませんが、続けて同じお店を利用するかもしれませんから、どういうふうに情報が伝わるかわかりませんし、なにより、初対面の相手に失礼にならないようにしたい、という気持ちは持っていたいものです。
かといって、無理に受け入れろというのではありません。第二希望の女の子、第三希望の女の子を常に頭に残しておくことが重要です。
どういうことかというと、好みではなかったら、あ、君もかわいいけど、違う子だったかも。○○さん?と素早く第二希望の子の名前を言うのです。そうすれば、相手の子も、ああ、単に勘違いだったのかもしれない、と思ってくれるかもしれません。本心に気づかれたとしても、そういう、相手を気遣う態度をとったお客さんに対して、そんなことないでしょ?本当は気に入らなかったんでしょ?とわざわざ追求してくる女の子もいないと思います。
一応、気をつけた方がいいのは、チェンジ料がいくらなのか、ということも意識することです。

TOP